f:id:rakbaimai2:20170902151429j:plain

数あるブログの中からご覧くださってありがとうございます。

今でこそ、家族で日本やマレーシア旅行へ行ったり、好きな写真、カメラを楽しみ、夫婦で食べ歩きや時々買い物をしたり、ピアノを習い、好きな読書も楽しみ、ほんの少しお金に余裕も出来、そして何よりも大きな心のゆとりを持つことができるようになりましたが、10年程前と言えばとても質素で贅沢などできないプーケット生活でした。まだ娘も生まれていませんでしたね。

プーケットしまかぜ案内人を立ち上げた当初、
たまにの贅沢と言えばここ『THE COOK PIZZA』での夕食でした。

あの当時は夫婦で500バーツ(約1,500円)の食事はスーパースペシャルディナーでしたね。小瓶のビールにピザにパスタ、サラダを味わって頂く夜、とても懐かしいです。そしてとても美味かったのです。

約10年間の年月が経った今、生活も少し変わった気がします。3ヶ月に1度の海外旅行へ行ける喜び、将来の為、老後の為の貯金もしつつ、好きな趣味まで本気で楽しめるようになりました。っと考えるとやはりこの楽園の島は宝島なのかも知れませんね。

アメリカドリームっと耳慣れた言葉、ひょっとするとプーケットドリームってあるのかも?っと思ったりもするのですが.... 今でも十分過ぎるぐらい満足度の高い暮らしですが、人間は欲の固まりですからね。好きな仕事をもっと頑張ろうと思うのです。

スポンサーサイトリンク


さてそんな思い出深いローカルレストランでランチタイム