木口亜矢 写真集「目隠し」


木口亜矢 写真集「目隠し」



作品紹介

2009年12月12日に発売された木口亜矢の3rd写真集。

本作は現代の迷宮・上海を舞台に「今、全てをあらわに!」とばかりに、

セクシーな衣装を纏い「あやカーブ」と称されたくびれを、

そして肢体を存分に披露している。



なお、タイトルの「目隠し」は黒のレース素材でできており、

木口亜矢の顔を完全に隠していないのがポイント。

衣装もスケルトン系が多く、よりセクシーに魅せる作品となっている。







萌えポイント

とにかく木口亜矢さんのセクシーさがいいですね♪



端的に言ってしまうとそのひと言に集約されてしまうんですが、

それだけだとレビューにならないので、もう少し補足していくと・・・





まず世界観。

上海の中でも華やかな場所ではなく、古びた建物に裏町という、

どことなく虜囚を思わせるような舞台設定。





次に衣装。

表紙のようなシースルーの背中開きの衣装から始まり、

コルセットを思わせる下着や、浴衣、

さらにはノーパンでの白いチャイナドレスや、

赤のシースルーのチャイナドレスに、白の下着に黒のボンデージと・・・

種類が豊富な上に、どこかしらのパーツがきれいにみえるものが多く、

木口亜矢さんのセクシーさをより際立たせている。





最後に木口亜矢。

本作では笑顔のカットが極端に少なく、

こちらをじっと見る感じのカットが大半を占めるが、

正面からじっと見てくるものがあれば、流し目であったり、

時に物憂げな感じであったり、挑発的であったりと、

目に表情があるのがポイント。

さらに、スタイルについては申し分なく、

薄い布からも胸の形はわかるが、見えそうで見えないバストトップは、

やはりドキッとさせられるし、横乳や背中の見せ方も素晴らしい。

そして何よりウエストラインのカーブが美しく、

写真の陰影によってうっすらと浮かび上がる腹筋の影が艶かしい。





最初に戻るが、本作はとにかく木口亜矢さんの美しさ、

そして、セクシーさを存分に味わえる一冊と言えるだろう。







残念ポイント

本自体にもう少しボリュームがあればとも思うが、

衣装の種類であったり、作品自体の完成度を考えると致し方ない・・・かな。





あと「残念ポイント」というのが適切かどうかはわからないが、

わかりにくい、或いは難しい作品・・・とも言える。

結局のところ、写真集の設定とかっていうのは、

本来、読者が写真を見て各々が想像していくものなのだろうが、

活字付きのグラビアや、色鮮やかな写真を見慣れてしまうと、

圧倒的に情報量が少ないと感じてしまう。



特にインパクトのある、わかりやすいカットというものがなく、

そこはかとなく漂う感じなので、

じっくり見ていかないと見落とす危険性もある作品・・・です。

月刊シリーズほど偏ってはいないけど、芸術よりと言えなくもないので、

見る人の捉え方ひとつで評価が変わる一冊とも言えます。





木口亜矢 写真集「目隠し」
木口亜矢 写真集「目隠し」


西條彰仁



晋遊舎 2009-12-12

売り上げランキング : 14890



Amazonで詳しく見る



あとがき
昨年12月発売の写真集を何故このタイミングで?
・・・そう思われた方も多いと思いますが、
なんとなくレビュー記事を書いたつもりになって忘れてたってのが、
半年以上も眠らせてしまった原因です。。


実は・・・そんな写真集がもう1冊あったりするんですが、
それはまた近いうちに改めて紹介しようと思ってます。